庭木の剪定は経験豊富なプロに依頼してみよう

植物
  1. ホーム
  2. 理想の庭にしたい

理想の庭にしたい

芝刈り機

手入れがとても重要です

他の家とは一味も二味も違うワンランク上の庭にしたいのなら、造園業者の手を借りて庭づくりするのが一番です。植物のことをよく知らない人は、自分の好みだけを基準にして庭に植える植物を決めてしまいますが、植物にも相性というものがあります。酸性の土が好きな植物とアルカリ性の土が好きな植物を並べて植え付けたとしても、両方ともが望み通りにスクスクと成長することはありません。それどころか、悪くすれば両方とも枯死してしまいます。しかし、造園業者を利用していれば、いろいろな意味でバランスのとれた庭を作ることができます。ただし、最初にいくら美しい庭を作ったとしても、その後の手入れがしっかりと行われないと、美しい状態を長く保ち続けることができません。具体的には、庭木の剪定や芝刈り、施肥、薬剤散布などが必要になります。個人の手には余ってしまう作業が多いため、造園業者に庭の手入れを委託する人が増えています。

手入れの負担を軽くする

樹木の種類にもよりますが、剪定が必要になるのは1年に1〜2回です。また、施肥や薬剤散布の回数もだいたい同じくらいです。肥料や薬剤はできるだけたくさん撒いた方がよいのではないかと思い込んでいる人がたまにいますが、それは大きな間違いです。過剰な肥料や薬剤は、植物にとって毒になってしまいます。過ぎたるは猶及ばざるが如しという言葉がありますが、施肥や薬剤散布は専門家に任せてしまうのが一番です。また、芝刈りも1年に1〜2度程度で済ませるわけにはいきません。寒い時期は芝も休眠期に入りますので、冬期間の芝刈りは不要です。しかし、夏場は10日に1度くらいのペースで芝刈りを行う必要があります。これを律儀に実行しようとすると、休日が全部芝刈りで潰れてしまうことになります。そうなってしまうと純粋に庭を楽しむことができなくなってしまうため、芝刈り作業は造園業者に任せてしまうのが賢明です。